2006年7月23日 ニチ 1320フン〜1455フン アメ時々トキドキグモリ
練習レンシュウ試合シアイ   タイ  ファミリー・クラブ
大阪府オオサカフ 住吉スミヨシ公園コウエン球場キュウジョウ 2006ネン    ショウ  2ハイボク  
通算ツウサン成績セイセキ 29ショウ 17ハイボク 2
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 合 計ゴウケイ
サカイジーザス H 0 0 1 0 3 0   カイ     時間ジカン 4
テン 0 0 0 0 1 0   1
ファミリー・クラブ テン 0 0 3 0 0 2   5
H                
ザクラタイ) 1ハイ
 S : 
バッテリー トウザクラタイ)(1-4),ザクラヒロ)(5-6) − 畠中ハタナカ(1-4),ウメバヤシ(5-6)
  守備シュビ 名  前ナマエ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合 計ゴウケイ
1 ヒダリ ヤマ  クチ サン   ユウゴロ   イチゴロ         打席数ダセキスウ 3  点トクテン 0
打 数ダスウ 3 得 点トクテン 0
安 打アンダ 0 四死球シシキュウ 0
2 サン タスク  タケ 三振サンシン     ユウゴロ サンゴロ         打席数ダセキスウ 3  点トクテン 0
打 数ダスウ 3 得 点トクテン 0
安 打アンダ 0 四死球シシキュウ 0
3 イチ トウ  ザクラヒロ ユウゴロ     四球シキュウ   ナカ       打席数ダセキスウ 3  点トクテン 0
打 数ダスウ 2 得 点トクテン 0
安 打アンダ 0 四死球シシキュウ 1
4 ユウ  ウメ  ハヤシ   ゴロ   三振サンシン   四球シキュウ       打席数ダセキスウ 3  点トクテン 0
打 数ダスウ 2 得 点トクテン 0
安 打アンダ 0 四死球シシキュウ 1
5 ナカ ショク     三振サンシン   三振サンシン   トウ       打席数ダセキスウ 3  点トクテン 0
打 数ダスウ 3 得 点トクテン 0
安 打アンダ 0 四死球シシキュウ 0
6 ナカ  ヤマ   三振サンシン     三振サンシン ゴロ       打席数ダセキスウ 3  点トクテン 0
打 数ダスウ 3 得 点トクテン 0
安 打アンダ 0 四死球シシキュウ 0
7 ミギ イチ スケ     三振サンシン   左前ヒダリマエアン         打席数ダセキスウ 2  点トクテン 0
打 数ダスウ 2 得 点トクテン 1
安 打アンダ 1 四死球シシキュウ 0
8 トウ ユウ ザクラタイ     ヒダリセン   中前ナカマエアン         打席数ダセキスウ 2  点トクテン 0
打 数ダスウ 2 得 点トクテン 0
安 打アンダ 2 四死球シシキュウ 0
9  ミギ ハタケ  ナカ     ユウゴロ   右越ミギゴ         打席数ダセキスウ 2  点トクテン 1
打 数ダスウ 2 得 点トクテン 0
安 打アンダ 1 四死球シシキュウ 0
                        打席数ダセキスウ 0  点トクテン 0
打 数ダスウ 0 得 点トクテン 0
安 打アンダ 0 四死球シシキュウ 0
備考ビコウ                                       打席数ダセキスウ 24        
  盗  塁トウルイ 四死球シシキュウ 2  
  三  振サンシン 佐竹サタケ-1,梅林ウメバヤシ-1,植木ウエキ-2,中山ナカヤマ-2,スケ-1     0  
  四死球シシキュウ ザクラ(ヒロ)-1,ウメバヤシ-1  カズ   22  
  安打数アンダスウ 4  
    リツ 0.182  
                                                                   
監督カントクのコメント>
アメナカ大阪市オオサカシ旭区アサヒク中心チュウシン活動カツドウしている「ファミリー・クラブ」さんとハツ試合シアイオコナった。13試合シアイ
開始カイシにもカカワらず、トウチームのメンバーがソロわず試合シアイ開始カイシ時間ジカンオクれてしまい、ファミリークラブさん
には大変タイヘン迷惑メイワクをかけました。本当ホントウにすみませんでした。
試合シアイホウトウチームの打撃ダゲキ不振フシンで、ファミリークラブさんのピッチャーのコントロールにオサえられ、
三振サンシンが7と3ワリえてしまった。6、7ツキツキカイずつ練習レンシュウツヅけてきたが、今後コンゴ引続ヒキツヅ練習レンシュウオコナ
いながら試合シアイもこなせていければとオモっている。トク攻撃力コウゲキリョクアップはサイ優先ユウセン課題カダイである。5、6ツキ
試合シアイアメナガれてヒサしぶりの試合シアイであったので、きたタマれるもなくオサえられたとっても
過言カゴンではない。ツキ一度イチド練習レンシュウツキ一度イチド試合シアイオコナコト目標モクヒョウ活動カツドウツヅけていきたい。
今回コンカイスケモラえたカタには、大変タイヘン有難アリガトうございました。もう一名イチメイスケさんが予定ヨテイ
あったが、当日トウジツ連絡レンラクれず試合シアイにはない状況ジョウキョウであった。集団シュウダン行動コウドウしている以上イジョウ、マナーを
マモることは最低限サイテイゲンココロにおいてもらいたい。